【亀日記】大きい亀の魅力をお伝えします【お散歩編】🍀~ゾウガメ・ヒョウモン・ケヅメを飼いたい方へ~

こんにちは ゆーたんまるです。

いやぁ~秋ですね。🌰
もう、朝なんかはひんやり寒くて・・・

我々、リクガメ飼いには、悩ましい時期になってまいりました。

地中海系といわれる、ギリシャリクガメ、ヘルマンリクガメ、ホルスフィールドリクガメは、比較的寒さには強く、冬眠も(オススメはしないけど)できるわけですが、

うちの子をはじめ、あったかい地域出身の亀さんは冬眠ができないので、冬場の温度・湿度管理にはかなり気をつかう必要があります。

 

うちの子は、

 

ソマリアリクガメ♀

もっちゃん。(正式名:もろへい)です。

推定年齢:6歳くらい?

東リフトバレー出身 WC(野生)の個体です。

現在、甲長が50センチ強あります。(まだまだ成長中)

もっちゃんとの出会いに関してはこちらの記事に書いてます。

 

今日は10月14日 天気:晴れ 気温:21度
今週あたりで、今季のお外での散歩は最後かな、と思い、近所の公園へ連れて行ってきました。

 

今までブログにあんまり亀のことを書いてこなかったので、今日は、

お散歩の様子をご紹介しつつ、大きいカメの魅力(お散歩編)をお伝えしたいとおもいます。

ちょっとでもリクガメに興味を持ってもらえたらうれしい爆

(お散歩で大変なことも紹介します・・・(;’∀’))

 

久しぶりのお散歩、もっちゃん、うっきうきだぁ~~~!

バック(大型犬用のケース)から出した瞬間、走り出したよ🐢!

かわいい~~~( *´艸`)親バカ

さっそくお散歩動画とともに、亀散歩の魅力レポートしていきます。

大きいカメの魅力1 歩くスピードが速いから、一緒に「散歩」できる。

カメっていうのは、「ウサギとカメ」の童話にもある通り、のろまなイメージがあると思うんだけど、

正直、めちゃくちゃ早いです爆

普通に走ります爆

目を離したら数分で見えないところまで行きます。

特に大きいカメは一歩がでかいので、人間がゆっくり歩く程度の速さで進んでくれます。

と、いうことで、大きいカメさんとの散歩は人間もそれなりに運動になる。

もっちゃん歩く↓↓

ほら、結構早いでしょ(‘ω’)

これで、2時間くらい歩きっぱなしだから、デブな飼い主は結構キツイよ爆

 

大きいカメの魅力2 見失っても見つかる爆

まぁ、これは「魅力」にくくっていいかはわからないけど、さっき言ったとおり、亀って歩くのが想像以上にはやいから、よく見失うんですよね。

一般的に犬猫と違って、爬虫類はそこまで人慣れしないと言われているので、ついてくるとか、戻ってくる ということをしない個体も多い。(うちの実家の亀はついてきますが)

「リクガメの散歩をしていて、一瞬目を離したらいなくなってしまった!」っていう亀飼いさんのツイートをよく見かけるのですが、そういうとき、大抵は、甲長15~20センチ前後の、地中海系のリクガメなんですよね。

一方、我らが巨大カメ(甲長50センチ超え~)。

まず見失いません爆

 

今日も、

もっちゃんばいば~い✋お母さん疲れたから座って待ってるよ~

 

 

 

ほら、

どこまで行っても見える笑

なんなら、目で追わなくても動いてる気配が分かる爆

このサイズだと、鳥に連れ去られるなんてこともまずないので、散歩で気を遣うことがありません。

精神的に、飼い主がめっちゃ楽 笑

 

大きいカメの魅力3 子どもやお年寄りに大人気

お散歩してると、子供やお年寄りがわらわら寄ってくるよ爆

亀だ~~~~!!!!!
亀じゃ~~~~!!!!!

って爆

見つかったら最後、公園で遊んでる子どもみんなに取り囲まれます爆

 

なんていうカメさんですか?

何歳ですか?

何食べますか?

お名前は?

っていう会話は120%発生するから、地域の方とのコミュニケーションがとれます爆

(子どもに囲まれるのはめんどくさいと感じる人も多いと思うけど爆)

 

面白いのが、 子どもの「母親」

何食べるんですか?可愛い~

系な質問が多いのに対して、

「父親」は9割くらいの確率で、

この亀、いくらくらいするんですか?

 

って聞いてくる。

なんでだろう爆

お年寄りは、

何年くらい生きるんじゃ?

って聞いてくるしね笑

小さな町の人気者になれる っていうのも人によっては、1つの魅力です。

※ただし、子供は容赦なく砂かけてきたり、カメに乗ろうとしたりするから、そこは飼い主さんがしっかり守ってあげること。

大きいカメの魅力4 温厚(ちょっと臆病)な個体が多い

子供が寄ってくるって書いたけど、 大きいカメに噛まれたらアブナイとおもって、親とかはかなり警戒するんですよね。

自分の子供はうちの亀に砂かけたりしてくるくせに、噛みませんか~とか聞いてくるし爆←愚痴

 

 

実際、小さいカメのほうが、はるかに攻撃性高いです。(ミズガメは除く)

大きいカメは臆病な個体が多くて、人間を噛むことはまずないです。

※目が悪いから、餌と間違えて噛んでしまうことはあるらしいけど、故意に噛むことはない。

もっちゃんの場合、こどもにたたかれると

シューって言いながら、甲羅に閉じこもって、しばらく出てこなくなりますが、反撃とかは決してないです。

↑ちょっと怖がっているとき。

基本、とても優しいです( *´艸`)🍀

 

だから、飼い主がしっかり守ってやらねば!

大きいカメの魅力5 カカトが可愛い(爆

大きいカメは、踵(かかと)を使ってしっかり地面を踏んで歩きます。

これ、姉の彼氏に

こいつカカト使って歩いとる

って言われて気づいたんだけど、

小さいカメはカカト使わないんですよ。

小さいカメは、爪を地面に引っ掛けて歩くので、つま先歩きをします。

爪を引きずって歩くので、カサカサっていう音がするんだけど、

大きいカメは、足を引きずらないので、どっしり歩いているのが分かります。

踵が平らで、まん丸なのが、めっちゃ可愛い。足跡

等間隔・・・(*’ω’*)

めっちゃ可愛い。(わかる人にしかわからない爆)

大きいカメの魅力6 ドジな行動がカワイイ

亀って自分のサイズ感を分かってないのか、

よく狭い道を通ろうとして、はまって動けなくなるんだよね爆

もったん、明らかにそこは通れないでしょ~・・・( ^ω^)

いじらしい爆

おバカというか、ドジというか・・・爆

 

 

あと、ちょっと坂になっているところとかも、

慎重に行こうとか思わないらしく、

動画 2018-10-14 14 42 15 (1)

 

 

 

 

ズザーーーーー爆

スライディング からの 何食わぬ顔で歩行再開(笑

サイズが大きい分、脳みそもそれなりに詰まってるはずだけど、ドジな行動をするのが、癒しです・・・

 

 

以上、6つ、私が思う、「大きいカメとお散歩する魅力」をお伝えしました。

 

今日は、囲まれていた子供たちが去った後、ようやく二人でのんびりお散歩。

 

 

一応、私のことを認めてくれているのか?

とおくからでもジーっとみつめてくれていた笑

 

 

可愛いなぁ笑

 

ケヅメ、アルダブラゾウガメ、ソマリア、ヒョウモンなど、大きくなる亀を飼いたい方、

最後まで飼える覚悟があれば、大きいカメさんはとても魅力的です💛

 

番外編 大きいカメのお散歩でちょっと大変なこと

犬に、死ぬほど吠えられます爆

私犬が苦手なんで、かなり恐怖です爆

 

もっちゃんも・・・

いわれなき、威嚇を受けて、ビビり気味・・・

草陰に避難・・・

 

もっちゃん、何もしてないのにぃ・・・

 

どんな犬にも、

こんなに吠える犬見たことねぇ・・・

くらいの勢いで吠えられるので、犬苦手な方は、場所選んでお散歩したほうがよいかも笑

 

私今日、ハスキー犬にとびかかられそうになって、

涼しいのに冷や汗で服がびっしょびしょになりました爆

犬からしても、恐竜みたいな丸い物体が自分のほうに向かって歩いてきて、気が気じゃなかったんだろうね爆

2+

ブログサークル

コメント & トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By あら母

    もろへい愛しすぎる。
    受け口治ってよかったな!一応女子だし!爆

    0
    • By yu-kimaru

      受け口何故か治ったよな爆
      あんなにしゃくれてたのに爆
      あれはあれでかわいかったけど(*’ω’*)

      0

コメントを残す

*
*
* (公開されません)